うどん子の徒然なるままに。子供に伝えたい事


平凡な日常、何も考えない適当生活、パラダイス!
by m-quartet
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

バベルの塔展

バベルの塔展を見に行ってきた。

(10月14日の事です)

以前から見に行きたいと思っていたバベルの塔展だったのだが、
気がついたら、最終日2日前…今日も仕事、明日も仕事…絶賛10連勤中!

明日はどう考えても行けない…(事務所一人の日)今日は(土曜日)何とか人も足りているようなので今日を逃すともう、生でバベルの塔を見ることはないかも…と

芸術の"げ"の字も歴史的時代背景も全く分からない、私が何故、バベルの塔に食いついたのか…
e0219898_11405480.jpg




"一生に一度は見たい名画、ついに大阪、中之島へ"
(24年ぶり)
JRの駅に貼ってあったポスターに↑こんなキャッチコピーが…

キャッチコピーにつられる私はやはり限定とか、お買得とかの言葉に弱くフラフラと引き寄せられるが、一緒にいる友人や娘に止められ我にかえるのである、
絵画や音楽などは心の栄養、目の保養になり自分へのご褒美なのである。とは言え全く予備知識もなく行っても面白くないので、
ググってみた

そしたら…タラ夫が出てきた。

タラ夫




自分も魚なのに魚を口にくわえているこの不思議さよ…何故に故に?

しかも、脛毛(原作には描かれておりません)に白靴下。
ヒエロニムス*ボスに影響されたブリューゲルが"大きな魚は小さな魚を食う"(題名にメッセージを感じるわ)の作品の中に描かれたモンスター?

しかもメインではなくはしっこに描かれているキャラ…





可愛いのか、かわいくないのか?ゆるいのか、ゆるくないのか?


もはや、バベルの塔よりモンスターに魅了
されたのであった。

しかし、見たいのはバベルの塔であり。
アイスで言えば他の絵はウエハウスやさくらんぼのようなものであり、アイスがバベルの塔なのである。

バベルの塔の解説を…
(ネットから抜粋)

旧約聖書の物語に登場する架空の塔。
人間が天まで届く塔を建設しょうとしたが神の怒りにふれ人々が話す言葉をバラバラにして散開されたと言われているそうです。
色々な芸術家に描かれいますがブリューゲル1世の作品は住む人の息づかいが伝わるよう緻密な表現が評価されているようです。

バベルの塔展はブリューゲルが影響を受けた芸術家達の作品とともにバベルの塔を描くまでの軌跡をたどったものだそうです。




大阪国立国際美術館






仕事も無理矢理早くに切り上げたが、JRで行ったら思いの外遠かった。
福島駅で降りたら歩いて20程かかった…
土曜日、最終日前日と言う事でこんでる?と思ったがチケットもさほど並ばずに買えた。

中もそんなに混んではいなかったが、バベルの塔を見るのには20分程並んだ。しかも、立ち止まらず、ゆっくり進め!との指示。細部まで細かく描かれているので、よく見ないと全く分からない。しかも思っていたより絵が小さかった。ので余計にわかりずらいが、あんなに小さいカンバスに細部まで描くブリューゲルの表現力にただただ感動。

もう1回並ぼうかと思ったが、時間が時間だったので諦めたしだいであります。(晩御飯の用意もせず出てきた)

その後に東京芸術大学のCOI拠点複製画
「バベルの塔」のコーナーがあり、ゆっくりと見られたのは良かったら。

最後は3DCG映像シアターもあり細部まで見られなかったモヤモヤは解消されたのであった。

バベルの塔が実在すると↓東京タワーも通天閣もこんな感じになります。





最後に

「信仰に仕えて」の作品の中の
解説を読み、いつの時代も男女の理不尽な事があるのだ、
神に仕える者もそうであるのなら、我々凡人はどうする事も出来ない性なのではないかと思ったのである。
何故に聖カタリナがいつも剣を持って描かれているのか、その訳が解説されていたがあまりの理不尽さに怒りで震えた。



知らない世界を知ることでもっともっと、世界が広がるのでないかと思ったバベルの塔展だった。

そして帰り道からの風景



[PR]
by m-quartet | 2017-10-19 11:39 | 娯楽

うどんになんて事をしてくれてんねん!うどん県出身者の叫び!

10*5病院の検査。1日拘束される。特に食事制限もないのでお昼ご飯を食べに行こうとぷらぷらしていると。

うどんの文字発見!
小麦はさぬきの夢やし出汁はいりこやし、もちろん自家製麺で打ち立てを食べられる!文句なし!と思ってんけど…

よく見てみると。ローストビーフうどんの文字が…ローストビーフうどん…うどん県出身の私にとっては邪道…



出来れば別々に食べたい…
私は、うどん屋とは認めることが出来ない←個人的な意見です。

うどんは出汁と上手く絡まってかもし出すハーモニー、奏でるメロディーなのである。

美味しい物と美味しい物をかけあわすと、素晴らしい出会いになると思うが、これは、アカン、アカン、あかんやつや〜と心の中で叫びました。

饂飩も蕎麦をオーソドッグスなんが一番や〜と思うのであります。
それやったらローストビーフではなく
肉うどんでいいのではないか?

しかし私の知り合いのうどん好きは
"かけ"しかうどんと認めない!と云うつわものも…
私の父は釜揚げしか食べない。
そこまで私は極めていないが
うどん本来の味や風味を味わいたいのである。
遺伝子とは恐ろしいものでうどん好きの遺伝子は確実に引き継がれていて
長男トリヒロは生醤油うどが一番うまい!と言い、次男、三男に至っては実家に帰った時しかうどんを食べない。家では食べるがそれもカトキチの冷凍さぬきうどんに限ると言うし、ひつじ姫は柔らかいうどんにぶちギレる。かなりめんどくさい家族である。
そんなうどんに対する思いを巡らせながら
この日のお昼ご飯は結局うどんをやめて蕎麦にしました。
なめろうの小丼付き。
なめろうもお蕎麦も美味しかったです。

ごちそうさま(*^^*)

e0219898_10571750.jpg

[PR]
by m-quartet | 2017-10-07 10:40 | 食べ物

それぞれの思いが違って面白い

本日の弁当ビビンバ。


至ってシンプル。本当はニンジンやダイコン、ゼンマイ等のナムルも乗せたかったが…めんどくさい諸事情により割愛。

牛肉、キュウリともやしのナムル。もやしは豆もやしではなく普通のもやし。

娘はキムチを入れたら匂うので弁当には入れやんといて、との事…

私は匂っても、臭くても、美味しさを取りたい。

そこで問題になってくるのが弁当箱の大きさなのだが…いつもの弁当箱だと大きすぎるので

タッパーに入れる事に…そしたら

へびおが、
「なんかタッパー嫌やねん…

弁当は弁当箱に入ってるから弁当やん。」

↑そうらしい…

えっ!そんな話聞いた事ありませんけど…


ひつじ姫はどうなん?と聞いたら、

「お弁当どんな物に入っていてもお弁当やし。」

そりゃそうだ…
e0219898_18531097.jpg



大学生の息子は「何でも…ええし」と興味がない様子。

「とりあえず弁当作ってくれたらオッケーやから」

と言われた。そんなねずみ男だが

小さい頃はお弁当箱を選ぶのも時間をかけて選んでいたし、おかずも色々リクエストをされ

それ全部入れてたら運動会のお弁当になるでといったものだ…

子供の成長はたのしみでもあるが

少し寂しさを感じるのも事実である。




[PR]
by m-quartet | 2017-10-03 18:51
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
昼食はお好み焼きで....
from 広く浅い生活
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
きいやま商店ディナーショーに..
at 2018-02-15 14:41
気持ち悪いし、怖いし…
at 2017-12-22 11:27
英語力
at 2017-12-22 09:49
バベルの塔展
at 2017-10-19 11:39
うどんになんて事をしてくれて..
at 2017-10-07 10:40
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧